Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

杷木五月節句幟 はきごがつせっくのぼり染織品

筑後の節句を飾る、勇壮な幟

江戸時代、端午の節句に飾られたことが起源といわれる五月節句幟。染めの鮮やかさと幟2本で1対となる勇壮さは、筑後地域の風物詩として地元の人々に親しまれています。特に朝倉(旧杷木町)地域は、筑後川の豊かな水が色染めの作業に適していたため、幟の生産が盛んになりました。現在では、室内に飾る小型のものが多くなりましたが、豊臣秀吉、加藤清正など武将の姿をあしらった華麗な幟は、今も男の子の逞しさを願う家々に飾られています。

お問い合わせ

米山染工場

お電話でのお問い合わせ
0946-62-0340