Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

鍋島緞通 なべしまだんつう染織品

日本の気候にふさわしい敷物

「鍋島緞通」は、元禄年間(約300年前)に古賀清右衛門が、中国からの技術を習得し「扇町毛氈(おうぎまちもうせん)」として織ったのがはじまりで、これが日本最古の綿緞通といわれています。海外の緞通が羊毛製であるのに対し、当時地元で多く採れていた木綿糸を使っていることが大きな特長で、高温多湿な日本の気候にふさわしい敷物として、その肌触りや使い込むほどに味わいを増す品質が多くの人々に愛されています。

お問い合わせ

有限会社鍋島緞通吉島家

お電話でのお問い合わせ
0952-24-0778