Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

八女すだれ やめすだれ木工品・竹工品

万葉集にも詠まれた風情ある調度品

すだれは、奈良時代に遣隋使によって伝えられたといわれており、平安時代には、寝殿造りの間仕切りとして欠かせないものでした。八女地方では、明治時代から竹細工用のヒゴが盛んに作られ、それを室内調度品として生産したのが、「八女すだれ」の始まりです。最近では、旅館や店舗などで使用されているほか、一般住宅・寺社仏閣用の高級品として国内外に販売されています。

お問い合わせ

八女すだれ振興会

お電話でのお問い合わせ
0943-32-1141