Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

城島鬼瓦 じょうじまおにがわら石工品

日本家屋の屋根を飾る、厳しい形相

城島の瓦づくりは、関ケ原の戦い後、久留米藩主として入城した有馬氏により始まります。優美な光沢と格調高い姿形・耐久性には定評があり、九州各地の神社や仏閣・日本家屋などに使われ、知られるようになりました。屋根の端を飾る「鬼瓦」は、厳しい形相の鬼の顔はもちろん、雲や菊など、様々な形状を模した魔除けとして一家を守ります。

お問い合わせ

城島瓦協同組合

お電話でのお問い合わせ
0942-64-3649

(久留米南部商工会内)