Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

博多独楽 はかたこま民工芸

曲芸を生んだ精巧なつくり

独楽の日本での歴史は、中国から子どもの玩具として竹製の唐ゴマが伝来した、およそ1300年前が始まりです。初めての日本発祥ゴマと言われる「博多独楽」の誕生は、17世紀後半。木台に鉄芯を打ち込む「心棒」をもっているのが特徴です。その「心棒」によって回転時のバランスが保ちやすく、少ない振れでよく廻るので、独楽自体の可能性を飛躍的に向上させ、「曲芸独楽」の文化を生み出す起源にもなりました。

お問い合わせ

博多独楽保存会

お電話でのお問い合わせ
092-409-4882