Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

博多張子 はかたはりこ民工芸

昔ながらの縁起物

江戸中期、上方の人形師によって伝えられ木製や石膏製の型に和紙などを幾重も重ねて成形される「博多張子」は、布苔(ふのり)によって貼り付け、天日干しで乾燥させたり、その後に二つに割って型から取り出し、貼り合わせながら成型したりと、現在でも昔ながらの手の込んだ製法で作られています。ニカワで溶いた顔料で仕上げた色彩は色鮮やかで、虎やダルマなどを主題にした縁起物として親しまれています。

お問い合わせ

中尾俊雄商店

お電話でのお問い合わせ
092-325-0241