Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

八朔の馬 はっさくのうま民工芸

次世代の健勝を願う、素朴な贈り物

「八朔の馬」とは、男の子の「八朔(旧暦8月1日)」の初節句に、祝いとして近隣住民に配るものです。300年の歴史を持つこの祝いの行事は、現在も新暦9月2日の早朝に行われています。馬の背中には黒田長政などの名武将を乗せ、「元気で勇壮に育つように」と作られていて、今も人々に愛され続けています。八朔の馬は、地元の藁で作ります。藁を濡らし、木の台で叩いて柔らかくし、編み込んで形を作ります。

お問い合わせ

井上工房

お電話でのお問い合わせ
093-223-1894