Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

八女矢 やめや民工芸

矢飛びの良さと美しさ

八女に矢師が多いのは、矢作りに適した良質の篠竹が豊富であること、宝暦2年(1752年)に有馬藩お抱えの矢師が移り住んだことが理由とされます。竹を炭火で炙り、まっすぐに伸ばす「あらため」という技法、羽根のカットなど、すべて手作業で作られる「八女矢」。四本が一組となるため、長さ・重さ・節の位置・矢羽根がすべて均一に揃えられていることが基本です。最近では、本物の素材と技術を用いた装飾用のミニチュアなども作られ、好評を博しています。

お問い合わせ

松延矢製作所

お電話でのお問い合わせ
0943-22-4501