Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

福岡×文化

福岡の伝統工芸

八女手漉和紙 やめてすきわし和紙

耐久性に富んだ強靭な和紙

「八女手漉和紙」の起源は、九州で最も古く、400年以上前、越前の僧・日源上人が、矢部川の地理や水質が製紙に適しているのを見て、加工術を伝授したと言われます。大きな特徴は、この地方特有の長い繊維の楮(こうぞ)を用いるために、他産地にはない強靭な和紙ができること。繊維が太く腰が強く、耐久性に富んでおり、掛軸、障子紙、ふすまの内張りなどの表装用の和紙として高い評価を受けています。

お問い合わせ

八女手漉和紙組合

お電話でのお問い合わせ
0943-22-3131