Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

公演・イベント

  共同主催

アクロス・文化学び塾
発掘された豊前・宇佐と吉野ヶ里

邪馬台国と「豊前・宇佐の国」の関係とは?

お申込み受付:2020年9月1日(火)~

※新型コロナウィルス感染症対策として会場を変更いたしました。アクロス福岡4階の国際会議場へお越しください。

[受講される方へのお願い]
・発熱や咳、咽頭痛などの症状がある方については受講をお控えください。
・マスクの着用をお願いいたします。
・受講料は、釣銭の必要がないようにご準備ください。
・筆記具のご持参をお願いいたします。

豊前・宇佐地域は、周防(すおう)灘に面し、西側の筑前地域、南側の豊後地域、東側の周防地域への陸上・海上交通の要衝となっています。この地域には、弥生後期の集落跡で、小銅鐸(どうたく)が発掘された別府(びゅう)遺跡(大分県宇佐市)、弥生終末期から古墳時代前期の墳墓群で、方形周溝墓から中国鏡や鉄剣・鉄鏃(てつぞく)・勾玉・管玉など多彩な副葬品が発掘された川部(かわべ)遺跡南西地区墳墓群(同市)、古墳時代前期の前方後円墳で5枚もの三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)が副葬されていた赤塚(あかづか)古墳(同市)など、数多くの遺跡が所在し、邪馬台国(九州説)の所在地を考える上で重要な地域です。
本講座では、この豊前・宇佐地域に焦点を当て、代表する遺跡の特色や出土資料から、この地域に想定される「豊前・宇佐の国」について検証し吉野ヶ里遺跡(佐賀県神埼郡)との関係を探ります。

◆展覧会◆
特別展:「よみがえる邪馬台国 ― 倭人伝のクニを探るⅡ」「邪馬台国と豊前・宇佐」
会期:2020年9月19日(土)~11月8日(日)
場所:吉野ヶ里歴史公園弥生くらし館

概要

会 場 国際会議場
入場料
500円(講座当日にお支払いください)

講 師
森田孝志
吉野ヶ里公園管理センター 歴史専門員
定 員 70名(要事前申込)
お申込み 申込フォーム
お問い合わせ

アクロス福岡 文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100

●諸事情により記載内容が変更になることがありますので、あらかじめご了承ください。

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント