Language 検索
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter

公演・イベント

陶磁器 ほか   共同主催

日々を楽しむ土と布のあるくらし展

※このイベントは終了しました。

主催:和泉重山窯 髙木知洋(代表)

手描きに拘り、伝統柄を今風に絵付け

陶芸家・髙木知洋(たかきちひろ)さんは、お父さまとともに久留米市で和泉重山窯(いずみじゅうざんがま)を主宰しています。髙木さんは子どものころから手伝いをしながら、陶芸の面白さ、難しさを学びました。その後、京都伝統工芸大学校に入学し、ろくろや絵付けの技術習得に励み、卒業後は京都の窯元で4年間の修行時代を過ごしました。2016年に久留米に戻り、再びお父さまとともに陶芸家として活躍しています。
髙木さんの陶芸は絵付けに大きな特徴があります。「すべて手描きで絵付けしています。伝統的な文様を連続で描きながら今風にしたり、ポップに見えるような色を使ったり、配置を変えたりと工夫しています」。あまりにも細かい絵付けなので、お客さまに驚かれることもあるそうです。
今回の展示会は、福田屋染物店・福田隆雄さんとのコラボレーション。吉祥柄(きっしょうがら)を主に、ひとつひとつ丹念に絵付けした皿やコップ、手間を惜しまない手染め、手描きの暖簾、手ぬぐいなどを展示・販売します。この吉祥柄は、シルクロード文化の影響を受けたものや、麻の葉や青海波(
せいがいは)文様、縁起の良い動植物などを描いています。「300点以上の陶器を出展します。これまで高めてきた技術を見ていただきたいことに加え、土と布、硬いものと柔らかいものの対比を楽しんで欲しいですね」と髙木さん。ぜひ、お誘いあわせの上、ご来場ください。


[実演]
器の絵付け

アンケート

概要

会 場 匠ギャラリー
入場料
無料

主 催

和泉重山窯 髙木知洋(代表)(久留米市東合川)
TEL:0942-43-8447

お問い合わせ

アクロス福岡 文化観光情報ひろば
TEL:092-725-9100

●開催時間は、企画展によって変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

「beyond2020プログラム」認証事業
(2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムとして、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が認証)

イベント検索

日付を入力
ジャンルを選択
会場を選択
絞込み
フリーワード

イベントカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
本日のイベント